HOME

社会福祉法人 紅葉会 ちどり保育園

お気に入りに登録 お問い合わせ

情報公開


苦情処理|事業・決算報告

苦情解決の仕組み

1.苦情解決の体制

ちどり保育園では、園でおきるさまざまな問題に対し、「子どもの成長を真ん中に」すえて、その解決にあたっています。
父母との日常的な関係づくりを重視し、情報の公開や父母の会との連携をすすめています。
父母の会の活動が活発で、園への意見や要望・苦情も、その多くは父母の会(役員会、運営委員会、クラス運営委員)をとおして反映されます。
当然のことですが、個別の相談や苦情にも日常的に対応しています。
「運営会議(園長・主任)」に苦情処理を含めた運営・執行の機能をもたせています。

2.具体的な対応

父母やOBの意見や要望・苦情をすいあげるために、また、園からの情報を日常的に伝えるために、下表のように父母の会等の会議に職員が参加しています。

会議等 頻 度 職員の対応 備 考
父母の会 役員会 1回/月 園長 園運営や父母の状況などについて、突っ込んだ意見交換が行われている
運営委員会 1回/月 園長・主任
チームリーダー
(交代)
クラスの運営委員(各2〜3名)が対象で、クラス運営や父母の会の行事などについて、交流
園参加の目的は、状況の把握と園からの情報提供
OB 父母の会 役員会 1回/月 園長・主任 卒園児の状況、園・父母の会への支援、OBの交流などがテーマ
各期代表者会 4回/年 園長・主任・事務長
クラス懇親会 3回/年 クラス担任 子ども一人ひとりの状況(生活、からだづくり、あそび等)、集団づくり、子育ての悩み、園への要望などがテーマ
ちどりの明日をつくる会 随時 会員の職員 理事会、職員会、父母の会、OB、父母の会、で構成
テーマは、これからの保育内容や施設整備、地域での役割等
個別相談・苦情 随時 園長・主任
チームリーダー
育児や家庭生活の相談、園運営への意見や疑問について、日常的に適応

3.苦情解決に関する第三者委員について

ちどり保育園では、園に対する意見・要望・苦情を園の運営に生かすための体制として、第三者委員を選任しています。第三者委員制度の目的は、園以外の方に客観的な立場から意見をいただき、さまざまな問題の解決にあたることにあります。第三者委員には、園を経由せず、直接相談をすることもできます。
次の方に第三者委員をお願いしていますので、園の苦情解決の体制ともあわせてお知らせします。

第三者委員 連絡先(電話番号)
岡 慎和 社会福祉法人紅葉会監事 092-511-0763
井上 准子 ちどり保育園卒園児の保護者 092-621-3895

ちどり保育園の苦情解決の体制 役職
苦情解決責任者 井上 邦子 園長
苦情受付者 寒川 美穂 主任

4.苦情に対しての解決、改善の経過や結果の報告

※上記、資料をご覧いただくには、Adobe(R)Reader(R)が必要です。 Adobe Reader
TOP


苦情処理|事業・決算報告
ホーム保育園の紹介情報公開採用情報地域支援活動ふぉと日記ちどりポストお問い合わせ
このホームページは、InternetExplorer、NetscapeNavigatorの最新バージョンでご覧ください。
Copyright © 2000-2012 ChidoriHoikuen. All rights reserved.